日記をつけるということ

私は日記をよく書いています。
毎日かかさずというわけではなく、主に気持ちの整理をしたいとき、溢れてくる感情や思いが抑えきれなくなった時に、書くことではき出して発散しています。
日付も入れていませんし、日記帳にきちんと書いているわけではなく、要らない紙やあまったノートなどに書いていますので、日記とはいえないのかもしれません。
単なるつぶやきなのかもしれません。
言葉で表現できない時は、絵であらわしたりします。
それを読み返すことはほとんどありません。
少し時間がたつとそのままゴミ箱行きです。
なので、今まで書いたものはほとんど残っていません。

なぜか、日記を書くとスッキリします。
そして問題点や感情を書き出すことによって、頭の中がすっきり整理されてきます。
そして、考えや気持ちを順に追って書いていくと、解決する方向へ向かっていきます。
書き終えるころには問題が解決できていることもあります。
高ぶっていた感情がおさまっていることもあります。

全ての悩みを人に相談することはできません。
ある程度のことは自分自身で解決する必要があります。
そんな時、日記とは言えないまでも、書きだしていく作業は問題解決に非常に役に立ってくれます。
これからも日記のようなつぶやきを書いていくことでしょう。